保育士試験を受けて夢の保育士を目指そう!

保育士試験を受けるためには条件があります!

「保育士試験」は、保育士になりたい人は誰でも受けることができるような試験ではありません。受けるためには必要な条件があります。学部・学科に関係なく、大学に2年以上在籍かつ62単位以上修得済みの者や1年以上2年未満在籍かつ62単位以上修得済みの者・短大卒またはそれと同等以上を卒業した者、高校卒業後に児童福祉施設で実務経験が2年以上ある者などです。自分が試験を受験する資格があるかどうかを調べてから勉強を始めるようにしましょう。

保育士試験の勉強をスタート!

保育士試験の受験資格がある人は早速勉強をスターとさせましょう。保育士試験の合格率は11~14%と狭き門です。受験科目は9科目あります。1度合格した科目は3年間有効なので3年間トータルで9科目すべてを合格できればOKです。勉強は独学で勉強する方法と、通信教育を利用する方法があります。自分に合った方法を見つけましょう。自分ひとりでは勉強を続けることが難しい人は、サポート制のある通信教育がおすすめです。

保育士試験の時期を確認しよう

保育士試験を受ける方は、まず3月下旬~4月下旬頃に「全国保育士養成協議会」から”保育士試験要綱の手引き(申し込み書類など)”を必ず取り寄せましょう。取り寄せた資料に必要事項を記入し、必要書類を揃えて5月下旬までに提出し受験手数料を支払います。保育士試験のスタートは例年8月上旬に2日間連続して行われます。筆記試験の合否通知が9月下旬頃に届き、合格した方は10月中旬に実技試験を受けます。すべてに合格すれば資格取得です。試験時期が決まっていますので、計画的に勉強をするようにしましょうね。

保育園での求人は支援を行っているサイトを活用すれば、細かい条件別に自分に合った職場も見つけられます。