コンビニのバイトだからといって難易度が低いわけではない

採用されるすそ野は広い

コンビニの数は多く、徒歩圏内に何店舗もあることは珍しくありません。また、二十四時間経営であるために、小さな店舗であろうと確保しておかなければならない人材の数は多く、人手不足のところも珍しくありません。そのために学生やフリーター、主婦など幅広い年齢層が採用されており、その基準として経験の有無は問われていません。つまりは誰であろうと採用される可能性があり、バイトとして挑戦をするには適した環境であるといえるでしょう。

常連さんが通うお店も

コンビニはその特性から、常連のお客さんが全体の何割も占める場合があります。例えば住宅街の中に立地しているなど、地域に密着している度合いが高いほどその傾向が強いといえるでしょう。バイトとしてそんな常連さんと接する機会も少なくはなく、顔を覚えたり覚えられたりすることもあるでしょう。安定的な売上を得るために常連さんは重要な存在となりますので、バイトだからといって適当な接客をすれば良いわけではなく、常連さんが離れないように注意をしながら接する必要があります。

実は業務の幅はかなり広い

コンビニのサービスは年々多様化しています。取り扱う商品も食品や日用品など単純にレジスターを通せば良いものも多いのですが、中にはちょっとした調理が必要な惣菜などを取り扱っているところもありますので、覚えることは多くなっています。サービスや商品の基礎的な知識を有しておく必要はむろんありますし、手早く効率的に提供するための練度も求められるので、基本的な接客をすることはもちろんのこと、様々なスキルを磨くことも求められるのです。

コンビニのバイトは短時間や、少ない日数など色々な条件があり自分のライフスタイルに合わせてアルバイトをすることができます。