バイト先の人に好かれるためには?大事な礼儀とマナー

自分からあいさつをする

人間関係の基本は、何と言ってもあいさつに始まりあいさつに終わります。勤務に入ったら、すぐにバイト先の人に自分から積極的に、気持ちの良いあいさつをすると良いでしょう。他の人からあいさつを先にされて焦ってこちらも返す、、、というのでは遅いです。これは自分からすることに意味があるのです。それによって周りからだいぶ印象が良く見えます。また、その時に笑顔も作ることができればより親しみを持つことができるでしょう。

常に礼儀正しく振る舞う

あいさつももちろん大事なことなのですが、それ以外にも大事なことはたくさんあります。それは、日々の基本的なコミュニケーションです。どれだけ無口なタイプでも、またたとえあまり好きではない相手だったとしても、「ありがとうございます」や「申し訳ありませんでした」などのお礼や謝罪ぐらいはせめて言えるようにしておきましょう。その他にも、会釈や立ち振る舞いなど何でもない礼儀作法は実は様々なところで見られています。

爽やかな印象の見た目を心掛ける

老若男女問わず、爽やかな人は好かれやすいです。いくら挨拶や礼儀がちゃんとしていても、見た目が暗かったり怖そうなかんじだとどうしても距離を置かれてしまいます。特に、人相手の仕事をする上ではそういった面を出していては務まりません。朝ちゃんと顔を洗う、ぼさぼさな髪はきちんと整える、そういったことだけでもだいぶ印象良く見えます。また、案外見られているのは服装です。職種にあった、清潔な服装を心がけましょう。

高時給のバイトとして人気なのがテレアポです。会話の上達だけでなく専門的な知識を身につけられることも大きなメリットです。